2009年08月10日

サプリメント

副作用について、サプリメントでは注意が必要なのでしょうか。

薬品ではないため、サプリメントは副作用の心配が極めて小さいようです。ただし、サプリメントによっては、薬を飲んでいる人やお腹に赤ちゃんがいる場合には使えないものもあります。

何らかの薬を使用していたり、授乳や妊娠をしている人がサプリメントを使う時には、担当の医師に相談するといいでしょう。

病院からサプリメントについての指示があることは、かつては少なかったようです。しかし、医薬品と区別されているとは言え、患者が常用するサプリメントについて無視出来ない状態になってきているようです。

97年の規制緩和も手伝ってビタミン・ミネラル・イチョウ葉等のハーブ類約200種類が、食品と明示し、効能や効果をうたわない事を条件に、錠剤の様な形状で市販出来る様にもなっています。

日本のサプリメントの市場規模は、年間数千億円とすごい需要です。

サプリメントと医者から処方された薬との飲み合わせや副作用のことも、考えるべき時期といえるでしょう。

サプリメントである限り絶対に副作用は皆無とは断言できない場合もあるようです。

とはいえ、サプリメントは毎日の食事だけでは不足しがちな栄養を補い、健康な体を保ちたいという現在の人たちのニーズに対応した大事な商品です。

サプリメントを摂取する本人が、自分に責任を持って副作用はもちろん、正しい知識を持ってサプリメントを選択する事が大切なのです。


大人ニキビ 化粧品
ドリームゲートFX
育毛ミスト M-1
ビーグレンのトライアルセット
機械、油圧プレスについて
EMCOM TRADE
シミ 化粧品

FX-Easy!
TQチャート
posted by sakura at 20:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。