2010年11月05日

雇用統計に向けて

米国のFOMC発表では国債長期債を6000億購入。
これは予想の5000億を少し超えていたのですが為替市場では大きなインパクトなし。

発表時にHFの売買があったのか一瞬大きく乱だれましたが、すぐに落ち着きをもどし、
円高基調の展開が続いていますね。

ADP雇用統計が予想より良かった事もあり大きくドルが買われました。
その流れで金曜の雇用統計もドル買いの予想ですね。


後は豪ドル円が怖いくらいに上昇トレンドになってますね。
82円が天井かなあと思いますが金利上昇による効果は凄いですね。


ポジれなかったのは非常に残念です。
ユーロはロング基調なので押し目買い狙いでしばらく行けそうですね。


今好調なのはFXエントリーですかね。
しばらくライブ講座を受けてますが非常に丁寧なのがいいですね。

posted by sakura at 14:51| 為替と政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。